木の家と貯金箱

住宅を長期間留守にする時は売却の前にリロケーションを検討する

初心者向けの投資商品

握手

近年では、資産運用に関する意識が高まっており、数多くの投資商品が登場しています。特に不動産投資は高額の配当を受け取ることができますが、多額の出資金を工面する必要があります。そのため、投資初心者や資金に余裕のない人には利用が難しいのです。そのような人は、みんなで大家さんの利用が勧められます。
みんなで大家さんは共同出資型の不動産投資商品です。共同出資なので、100万円という小額の資金でも利用できます。みんなで大家さんの想定利回りは5~7.5%と他の投資運用よりは少なめです。しかし、とても安定している投資商品であるため、銀行に預ける感覚で利用できるでしょう。
みんなで大家さんは元本割れを出したことが、一度たりともありません。その理由として優先劣後システムが挙げられます。もし、投資した不動産が損失を出した場合、損失額の20%までなら会社が負担するシステムが、優先劣後システムです。ですから、出資者はコストを最低限まで抑えることができるのです。
みんなで大家さんは年に6回の配当を受け取れます。しかし、最長3年までの短期取引なので、長期的な運用には適しておりません。
不動産投資はインカムゲイン方式や、キャピタルゲイン方式といった方法に分かれており、出資額や購入する不動産の条件によって適した運用方法は異なります。不動産の市場動向を見極める能力も必要になるため、初心者にはリスクが大きいのです。不動産投資の流れを把握するためにも、最初はみんなで大家さんを利用すると良いでしょう。